流れ

屋外に設置して使用するため、元々太陽光発電システムは耐候性に優れている特長があります。
そのため通常パネルだけでも耐用年数は20年から、メーカーによっては30年ほどあります。
他のパワーコンディショナーなども10年以上の耐用年数があるのが一般的です。
しかしそれでもメンテナンスを行わなければ、耐用年数が短くなる恐れがあります。
長く太陽エネルギーの恩恵を得るためにも、しっかりと定期メンテナンスを行う必要があります。
定期メンテナンスは産業用では必須で、一般家庭用の発電量が少ないタイプは任意です。
しかし家庭用でも定期メンテナンスは行った方が良いとされています。
メンテナンスは電気系統の確認や発電量に問題が無いかのチェック、太陽光パネルの洗浄などを行います。

家の中で使用するエネルギーの全てを電化製品で代用することをオール電化と言います。
このオール電化は太陽光発電との組み合わせる工夫で、さらに電気料金を引き下げることが場合によっては可能です。
電気料金は昼間は高く、夜は安いという特徴があります。
このため太陽光発電が昼間の電気使用を代わりに行ってくれることで、高い昼間の電気料金を支払わずに済むことが増えます。
雨天時などはこの恩恵が得られないのがネックですが、それでも一年を通して昼間の高い電気料金の支払いを減らせるのは大きなコスト面での引き下げに繋がる可能性があります。
夜間の安い電気料金と、この太陽光発電のシステムを組み合わせる工夫で、より環境に優しく、そしてコスト面でも優れた恩恵を得られます。

 
木と太陽