企業でも

太陽の光を集める事で屋根に設置されたパネルで電気を作り出します。
このパネルの主な設備は太陽電池です。
光をあてることで電気が発生するというシステムで電気を作ります。
そしてそこで作られた電気を家庭で使用できるように交流に変換することで私たちの身の回りで使える電気となるのです。
屋根の上に設置するパネルは複数枚設置させることでより多くの電気を作ることができます。
ですから多くのパネルを乗せることでより多くの電気を作ることができます。
ですから一番長時間光を得ることができる南面を中心に設置されます。
メーカーや商品によって一枚のパネルで発電できる量も異なります。
もちろんその技術は日々進化しているので以前のパネルより発電効率が良くなっている物も多いのです。

一般的に普及したことで一般家庭用の太陽光発電にかかる設置費用は年々数万円程度下落しています。
ですからより安価で設置できるという統計が出ています。
しかし同じ商品を同じ量だけ設置すると仮定します。
新築と既存住宅への設置を比較すると新築時のほうが安い費用で購入できます。
これは出来上がった住宅の屋根や設備に手を加える必要があるからです。
もちろん統計の平均値ですので一概には言えません。
また、既存住宅に設置する際には多くの場合屋根の上のパネルから屋内に電気を運ぶためのケーブルが露出してしまうのです。
見た目的にも費用面からも新築の建築と同時に行うことでメリットがあります。
とはいえ時期により売電の費用などにも差が出るため慎重に検討する必要があります。

 
海と夕日